フジテレビがダメだって言われていますけど、ぼくはフジテレビの『ノンフィクション』が好きなのです。

2周間に渡って放送された内容は整形に関するものでした。

整形シンデレラオーデション

タイトルのシンデレラになりたくてとは何かと思っていたら、CMでも有名な湘南美容外科クリニックが整形シンデレラオーディションというのを実施していたのです。

第2回参加者の症例と結果

今回の特集はこの第2回に密着取材。4人の女性を追うドキュメントになっていました。

すでに第3回目が決まっているようです。

整形シンデレラ

ノンフィクションで取り上げられていた人は、馬場さん、田中さん、市川さん、後藤さんです。

その中で、市川さんと後藤さんの密着が第1回目の放送でした。

ちなみに、ここで言う整形とはプチ整形のように目を二重にするというレベルではありません。

必要な人はあごを削って、豊胸もして、脂肪吸引もして、もうね、全身ですよ。

整形をするかは本人が決めること

整形は未だに批判も多いと思うんですよ。親からもらった顔をいじるなとか。可愛いんだからいいじゃないとか。

でもこの番組を観たら、本人たちはもっともっと深いところにいるのだと思いました。

そういう意味では、市川さんと後藤さんの回は衝撃的でもありました。

彼女たちは、ぼくが言うのも何ですが、決してブスではありません。

市川さんには、かっこいい彼氏もいます。正直、かなりかっこいいんですよ。

でも彼女は自分の顔が受け入れることができない。

こんな顔に生まれたから、人生が楽しくないとまで言います。それを親にぶつける。

きっと、親もなんでそこまで言うの?と思っていたでしょう。

もうひとりの後藤さんは、10年ほどの引きこもり。その原因は小学2年生のときに顔に関してからかわれたからだそうです。

その後は家から出ることはほとんどなく整形を受けるまで、ずっと引きこもっていました。

彼女は、『ブスはみんなの前に出てはいけない。明るいところにいてはいけない。』と言います。

彼女たちが言っていることは、基本的に一緒です。

この顔があるから人生を生きていくのが辛い。

整形を本当に行う勇気

二重の整形なんて今はやる人はかなりの数がいるでしょうし、私も(僕も) 整形したいと思っている人は、潜在的にかなりの数がいるはずです。

ぼくも鼻をきれいにしたいという願望はあります。でもあくまで願望です。

でも彼女たちが凄いのは、本当に整形ができてしまう勇気なんですね。

ほとんどの人は整形をやりたいと思ってもなかなかできないと思います。

金額もかなりかかりますし。

今回の企画は、最後まで選ばれた人は、整形に関しては無料です。

そしてシンデレラになった人には、賞金300万円が授与されるというものです。

いくら無料でできるからと言って、テレビが入ったり、HPにも実名で出るということは、彼女たちは今後ずっと整形をした人となって残るわけです。

整形の先に見えるもの

整形をした彼女たちがどうなったのか?

それはそれは見違えるほど明るくなりましたよ。

でもそれはどこでも聞ける意見だと思います。

後藤さんに目を向けると、彼女は顔の整形をしたあと、数週間後に脂肪吸引をして、その脂肪を胸に入れるという手術を行います。しかし麻酔を打ったところ、彼女は泣き出します。

そこで彼女が言います。

「やっぱりブスには限界がある」

彼女の整形後の顔はだいぶ変わりました。でも彼女の心は変わらなかったのです。

麻酔は自白作用があるため、彼女は感情的になり、本心が出てしまったのかもしれません。

結果的には、画面を通して観た限りでは彼女たちは幸せそうではあります。自分に自信を持てると、ここまで変われるのだと感じました。

そういう意味では、ぼくは整形に反対するのは可笑しいことだと思うのです。彼女たちは整形手術によって確実に変わることができています。

今回のテレビを観て感じたのは、整形は心の病でもあります。だって、みんな可愛いのですから。

でももっともっとを求めてしまう。それはただ単に可愛くなりたい、きれいになりたいということではありません。

このままの私で生きていってはいけないということなのです。

整形手術はやっぱりリスクがある

一つだけ思ったのは、整形は完璧じゃないってこと。

今回取り上げられていた人でも、明らかに整形顔と思う人がいました。

正直その顔はどうなのよって人が。

誰か有名人の顔になりたくても、その顔になれるわけではないんですね。

やはり自分がもった骨格で顔は変わってしまうわけで。

落すことは否定ではないの?

今回のノンフィクションで、引きこもりの後藤さんは、セミファイナルで落とされてしまいました。

ルールは分かっているのですが、湘南美容外科クリニックも気を使ってほしいなと思いました。

セミファイナルで落すということをしないで、全員をファイナルに連れていってあげられないのか。

彼女は自分をブスだと思いこんで、ずっと悩んできたわけで。それをセミファイナルで落すことは、結局可愛くないと言っているのではないのか。

テレビでは明確な審査基準はわかりませんが、彼女の今後が心配になったのも事実です。


ダメ人間日記ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

にほんブログ村